あらたスタッフブログ 窓回りのコーキング打替えは必要か?

こんにちは。株式会社あらたの佐藤です。

いつも弊社のブログをお読み頂きありがとうございます。

 

さて、今回は窓回りのコーキング打替えについての是非を書いてみたいと思います。

兼ねてより、商談先で相見積もり業者様と是非が分かれるのが、この窓回りのコーキング打替えです。

まず弊社は窓回りのコーキングは増し打ち工法でのご提案をさせて頂いております。

ところが、お客様より『前回話を聞いた業者さんは、打替えすると言っている』とのご指摘を頂戴するケースがあります。

ここで両者の見解が食い違ってしまうので、お客様は大混乱を起こします。

ではこの是非をどうやって判断するのか?それは…

 

『必要性』

 

です。

打替える必要があるのか、ないのか。

当然、打替えに勝る工事はないですが、果たしてその分のお金を出して工事をする必要があるのか?

例えば、歯科検診で問題ないと診断を受けた歯を、無理に高額のインプラント施術をしますか?

分野は違えど同じようなものです。

現場で状態を確認し、コーキングが挙動追従してくれる状態なのかどうかがポイントです。

はっきり断言致しますが、築10年程度での窓回りの打替えは全く不要です。

もし、打替えをするという施工業者様には、完全撤去と漏水保証を徹底させてください。

 

もう一度言います。

不要な工事は何をどうしようと不要です

 

㈱あらた 建築事業部

企画営業課 佐藤 隆広