あらたスタッフブログ 外壁が傷むまで

こんにちは。企画営業課の山之口です。
早速ですが今回は当ブログで何度も書かれているであろう
サイディングのお話をさせていただきます。

この手に持っているのが多くのお家の外壁材として使用されているサイディングボードの欠片です。 軽くて丈夫で安価という利点がありますがどうしてもメンテナンスが必要な素材でもあります。

お家を建ててある程度の年月が経過するとサイディングは防水効果が切れるなどして劣化し写真のように特に釘まわりなどが割れやすくなります。 虫歯で例えるなら初期虫歯の状態ですね。

さらに時間が経過すると上の写真のように釘回りが大きく剥離します。

そしてさらに時間が経過すると壁全体に剥離が始まり・・・

最後は壁がボロボロになります。虫歯で言うならもはや抜歯しか手段が無い状態で、工事としては壁の張り替え工事となります。 当然費用も大きくなります。 いかがでしたでしょうか?外壁の傷みと歯の虫歯って本当によく似ていると私はよく思います。 どちらも早くなおしてしまえばお金も時間も手間もかかりません。 でも人間、なかなか重い腰って上がらないですよね。 お気持ちはよく分かります。 ただ、いつかはやむを得ず工事をする日が必ずやってきます。 今すぐでなくてもいつか工事をするのならお試しでという感じで結構です。 是非、あらたに声をかけてみてください。 当社とご縁がなかったとしても「聞いてみてよかった!」と思ってもらえるご提案をさせていただきます。 ㈱あらた 企画営業課 山之口裕一朗